結婚式のマナーを知ろう!

ドレスは色に注意が必要!

結婚式に招待されたら、次は衣装の準備ですね。結婚式が初めての場合はもちろん、共通の友人と出席する結婚式が増えると毎回同じ衣装になることを避ける為に新調する場合もありますよね。結婚式のドレスはカラーバリエーションも多く悩みますが、結婚式で白は花嫁の着用する特別な色とされているので避けましょう。また、上半身が白でウエストから切替になっているようなデザインの物も座っている間テーブルで下半身が隠れることで白のドレスに見えてしまうので、避けることをおすすめします。白を避けて選らんだドレスの色によっては顔写りが気になることもありますが、そのような場合にはバックやショールといった小物に白を取り入れましょう。

意外と見落としがち!?足元まで確認を

小物選びに関しては油断しがちですが、靴選びにはいくつかの注意点があります。まずカジュアルになりすぎるブーツやスニーカーといったデザインは選ばないように気を付けましょう。素材についてですが、アニマル柄や革素材、ファー素材の物は殺生を連想させるためタブーとされています。エナメルや布地素材で妊娠中などの場合を除いて、ヒールが3センチ以上のパンプスを選びましょう。また、オープントゥのバンプスはつま先が出ることから「妻が先に出る」といったことを連想させるので避けることをおすすめします。結婚式ではタイツや生足はNGなので、ストッキングを着用しますが、ストッキングの色はベージュを選ぶのもマナーのひとつです。